登録免許税っていったい何?どうやって納付すれば良いの?~3つの支払い方法~

登録免許税っていったい何? 

会社を設立して、沢山お金を稼いで、お金持ちになりたいな~!

パンダ君、とっても素敵な夢ね!

けど、会社を設立するにあたって、「掛かるお金」がある事は知っている?

え?お金が掛かるの?

そう。会社を設立するにあたって、まずは登記の申請が必要だよね?

うん、法務局に申請するんだよね!

実は、その登記申請には「登録免許税」という税金が発生するんだよ!

そうなんだ~💦一体いくらの税金を支払うんだろう~??

課される登録免許税は、申請する登記によって異なるの。 

商業登記で課される主な登録免許税を表にまとめて説明するね! 

登記の内容 区分 課税価格 税率 
株式会社の設立 イ 資本金の額 7/1000(計算した税額が15万円未満なら15万円) 
合名会社の設立 合資会社の設立 ロ 申請件数 1件につき6万円 
合同会社の設立 ハ 資本金の額 7/1000(計算した税額が6万円未満なら6万円) 
資本金の額の増加 ニ 増加する資本金の額 7/1000(計算した税額が3万円未満なら3万円) 
新株予約権の発行による変更登記 ヌ 申請件数 1件につき9万円 
本店移転 ヲ 本店の数 1か所につき3万円 
取締役会の設置・廃止 ワ 申請件数 1件につき3万円 
役員変更登記 カ 申請件数 1件につき3万円 (資本金1億円以下の会社は1万円) 
会社の解散登記 レ 申請件数 1件につき3万円 
会社継続の登記 ソ 申請件数 1件につき3万円 
商号変更 目的変更等 ツ 申請件数 1件につき3万円 
更正登記 ネ 申請件数 1件につき2万円 
抹消登記 ナ 申請件数 1件につき2万円 
※会社・法人の登録免許税の額は登録免許税法の別表第1の二四から二六までに掲載されているよ。 
 

申請する登記の内容によって登録免許税の金額は異なるんだね~! 

そうなの。登記申請をする時は、上記の表にある課税価格と税率で登録免許税を計算して納付すべき金額を算出する必要がある事も覚えておいてね。 

自分で算出~!?なんだか難しそうだな~💦僕にできるか不安だな~💦 

そんなパンダ君のために、表を参考に具体的な例をあげて解説していくね! 

【例】《資本金の額が1億円以下の会社登記申請を行う場合》 
1.取締役2名の重任登記、 
2.目的変更 
3.商号変更 
4.管轄外の本店移転 
上記の4つの登記を申請する際の登録免許税の額は?・・・答え:10万円。 
 

【解説】 

登記の内容 区分 課税価格 税率 
役員変更登記 カ 申請件数 1件につき3万円 (資本金1億円以下の会社は1万円) 
商号変更 目的変更等 ツ 申請件数 1件につき3万円 
本店移転 ヲ 本店の数 1か所につき3万円 
《資本金の額が1億円以下の会社登記申請を行う場合》 
1.は申請件数1件なので1万円、 
2.目的変更と③商号変更は同一区分で申請件数1件なので3万円、 
3.管轄外の本店移転は移転前の本店と移転後の本店の2か所で登記をすることになるので3万円×2で、6万円 
合計すると登録免許税の額は10万円となるよ! 
 

なるほど~!この表を見ながらなら、僕でも計算ができそうだよ~! 

皆さんも、ぜひ表を活用して自社の登記に対する登録免許税を算出してみ 

てくださいね! 

どうやって納付すれば良いの? ~3つの支払い方法~ 

会社を設立する時は、「登録免許税」を支払うことを忘れない様にしないと! 

あれれ?この「登録免許税」はどうやって支払ったら良いんだろう? 

登録免許税の支払い方法は3つあるよ!

  1. 収入印紙で納付 

収入印紙貼付台紙※に登録免許税の金額分の収入印紙を貼付して納付する方法。(注意点!貼付した収入印紙には絶対に消印してはいけません✖消印をした収入印紙では登録免許税の納付は出来ませんのでご注意を!) 

なお、殆どの法務局には収入印紙の売り場があるので、購入してから収入印紙貼付台紙に収入印紙を貼付して窓口で申請をするのがおススメ◎ 

  1. 銀行で現金納付 

登録免許税納付用台紙※に領収証書を貼付して納付する方法。 

注意点!貼付した領収証書には収入印紙で納付する場合とは逆で申請書に捺印した会社実印で割印をしてね。) 

領収証書は銀行などの金融機関で登録免許税(国税)納付用の納付書に所定の必要事項を記入して窓口に提出して登録免許税を支払うと交付されるよ。 

③オンラインで電子納付 

金融機関の提供するインターネットバンキング等からオンラインで電子納付する方法。 

なお、オンラインで電子納付をするには、専用ソフト(申請用総合ソフト)や電子署名を用意してオンラインで登記申請を行う事が前提となるので注意してね! 

※なお収入印紙貼付台紙も登録免許税納付用台紙もA4の白紙の紙を利用すれば大丈夫だよ。A4の白紙の紙の中央に収入印紙や領収証書を貼付して、登記申請書の後ろにホッチキスで合綴して、申請書に押した会社の実印で申請書と収入印紙貼付台紙又は登録免許税納付用台紙を割印して提出すればOKだよ。 

え~っと、まずは自分で登録免許税を計算してから印紙で納付、もしくは金融機関に行って現金で納付、もしくは専用ソフトをダウンロードしてオンラインで納付だね。 

なんだか、どれも手間と時間が掛かって面倒だな~💦 

そうね。それらに加えて、様々な書類を用意しなければいけない登記申請の手続きも必要になるため、かなりの手間と時間がかかるわね。 

けど、そんな時は是非ラクリアの「商業登記申請オンラインサービス」を活用してみたらどうかな! 

ラクリアの「商業登記申請オンラインサービス」?? 

スマホでカンタンに登記変更! ラクリアの「商業登記申請オンラインサービス」 

スマホ・PCから「簡単」「スピーディー」「低価格」で商業登記申請書類を作成できる便利なサービスがあるよ! 

え~?スマホ・PCから「簡単」「スピーディー」「低価格」? 

そうなの。ラクリアの「商業登記申請オンラインサービス」を活用することで、法務局に足を運ばなくても自宅やオフィスに居ながら商業登記の申請が可能なの! 

え?法務局に行かなくてもいいの? 

そう!収入印紙も代わりに購入してくれて郵送用のレターパックまで用意してくれる便利なオプションサービスもあるんだよ。そのため、従来に比べて登記申請に掛かる時間を大幅に短縮する事ができて、その短縮できた時間を営業などに活用して、事業を進めた方がとっても効率的だよね? 

それはとっても効率的で便利なサービスだね~! 

便利なのは勿論、何といっても登記申請に精通した司法書士監修だからとっても安心なんだ! 

それは安心だね! 

ラクリアの「商業登記申請オンラインサービス」の詳細はこちら! 

登記申請が必要になったら、是非皆さんも活用してくださいね! 

タイトルとURLをコピーしました